これがオススメ!awsの個人運用の方法

クラウドサービスが流行してきています。特にawsは、世界中の人に利用されています。そしてawsは、企業規模の利用から個人運用のニーズまで幅広く対応できます。そのため、個人でクラウドサービスの運用を始めてみたい人は、awsから初めてみてはいかがでしょうか?この記事では、awsの個人運用におすすめの方法を紹介していきます。関連情報|AWS監視 ... CloudCREW

クラウドサービスの個人運用において参考になれば幸いです。

「広まって来たawsの活用と運用管理ツールによる安定した運用」

awsとは?

awsとは、「Amazon Web Service」のことで、Amazonが提供するクラウドサービスの総称を指します。クラウドサービスとは、ネット回線を介して外部のサーバーを借りられるサービスのことです。

awsは、全てのクラウドサービスのシェア率のうち3割を占めており、世界中の人に利用されています。awsが展開するクラウドサービスは100以上あり、あらゆるニーズに応えることが可能です。また、awsのセキュリティは強固であり、かつ常に更新され続けているため、重要なデータも安全に保管できます。

このように、awsはあらゆるニーズに応えるサービス展開を、強力なセキュリティの元に行えるクラウドサービスとなっています。

awsのメリット・デメリット

awsの主なメリットには、「導入コストが低い」「リスクに強い」「柔軟性が高い」の3つがあります。awsは、利用を始めるために用意するものが特にないため、低コストで始めることができます。加えて、awsはさまざまな機関認証を取得しているため、極めて強力なセキュリティの中でクラウドサービスを利用可能です。

awsは、メモリ・データ容量の拡張や、利用サーバーのスペック変更など、あらゆる要望に応えてくれます。また、100以上ある提供サービスを好みでカスタマイズすることで、理想のクラウドサービスを作成可能です。

一方でawsには、「ランニングコストが高い」「自由度が低い」の2つのデメリットがあります。awsは、初期費用は安いですが、利用するサービス量に比例して、コストがかさんでいきます。そのため、自分のクラウドサービスにかかっているコストには常に気を配ることが必要です。

またawsは、自社に物理サーバーがあるオンプレミス環境と比べると、利用者自身が微調整を加えることができない特徴があります。そのため、自分で物理的にサーバーを調整したいというニーズには答えられないので注意しましょう。

awsの個人運用を始めるなら「Lightsail」がオススメ!

awsの利用を始めるには、通常なら、awsアカウントの作成と「EC2」の構築が必要です。EC2とは、awsサービスの一種で、仮想サーバーを提供するサービスとなっています。クラウドサービスの性質上、サービスの拠点となる仮想サーバーは必要不可欠です。

しかしEC2は、個人で利用するには規模が大きく、コストも多くかかってしまいます。加えてEC2は「仮想サーバーを構築し、その環境を提供する」ことに特化しているため、それ以外の細かい設定は自分でやらなければなりません。

そこで、EC2の代わりに「Lightsail」の利用をおススメします。Lightsailは、EC2と同じく仮想サーバーを提供するサービスです。しかし、EC2と違い、仮想サーバーの提供の他に、クラウドサービスの運用に必要な機能も同時に揃えてくれます。

自分のクラウド構築の技術に自信がない人でも、Lightsailを使えば簡単にawsの環境構築が可能になるのです。

Lightsailのメリット・デメリット

Lightsailには、「必要な機能がパッケージされている」「予算が立てやすい」「サーバーの作成・複製が簡単」の3点のメリットがあります。awsのサービスを利用する場合、普通ならサーバー構築から欲しいサービスまで、自分で探して導入しなければなりません。

しかし、Lightsailでサーバー構築すれば、クラウドサービスに必要とされる最低限の機能も同時に揃えることが可能です。具体的には、仮想サーバー構築・ストレージ・スナップショット・負荷分散機能・ファイアウォール・DNS機能などがパッケージされています。

そのため、初心者や個人でawsを始めることになっても、Lightsailなら簡単に必要な機能をそろえてawsの運用を始められます。

そして、Lightsailの料金体制は月額固定料金制です。

そのため、料金がわかりやすく、予算が立てやすい特徴があります。加えて、Lightsail1つだけでも、さまざまなwebサービスを提供できるので、コストの削減も可能です。また、EC2と比較して、サーバーの作成の手順も少ないため、簡単にサーバーを作成できます。

Lightsailに付いてくるスナップショット機能を使えば、サーバーの複製・移転も可能です。一方、Lightsailには、「柔軟性が少ない」「サーバーを利用しなくても課金される」の2つのデメリットがあります。

Lightsailは、機能がパッケージで提供されているため、細かい調整ができません。そのため、Lightsailにはない機能を利用したくなったり、細かく使用を調整したくなった場合には、EC2の導入から始めることが必要になります。

また、Lightsailは月額固定料金制であるため、利用の有無に関わらず課金されます。そのため、定額制ではなく、利用ごとに課金されるように変更したい場合は、EC2への変更が必要です。

Lightsailの具体的な導入の仕方

awsにLightsailを導入して始めるには、大きく分けて「awsアカウントの作成」と「Ligthsailの構築」の2手順が必要です。まずは、awsアカウントを作成します。アカウント作成は、案内に従っていれば問題なく作成できるので割愛します。

awsアカウントを作成して、ログインまで進めたら、次はLightsailの構築です。Lightsailの構築手順は「Lightsailでインスタンスの作成」「ネットワークの設定」「作成したインスタンスごとの設定」「アクセスの確認」の4つです。

Lightsailでインスタンスを作成します。まず、awsマネジメントコンソールにアクセスして、「サービス」から「Lightsail」を選びましょう。次は、インスタンス作成のためのインスタンスイメージの選択です。

インスタンスイメージを選び終えたら、インスタンスプラン、つまり料金と機能を見比べて自分の求める適切なプランを選びます。プランを選び終えたら、インスタンスの識別・管理名をつけましょう。管理名を付け終えたら、インスタンスの作成ボタンを押し、ホームに戻ります。

インスタンス作成には時間がかかるのでしばらく待ちましょう。インスタンスの状態が「実行中」になったら、次はネットワークの設定です。インスタンスの下にあるメニューから、「ネットワーク」を選びます。選んだら、パブリックIPアドレス欄にある「静的IPの作成」をクリックします。

静的IPアドレスの作成は、外部からアクセスできるようにするために必要です。静的IPアドレスの作成画面に入ったら、「インスタンスのアタッチ」に作成したインスタンス名を選択します。後は、作成ボタンを押し、静的IPアドレスの作成は完了です。

次は、作成したインスタンスごとの設定です。この手順は、インスタンスごとに異なるため、自分の作成したインスタンスごとに調べて確認してください。次は、アクセスの確認です。前の手順で作成した静的IPアドレスと、インスタンスに設定したパスワードを使って、実際にアクセスできるか確認しましょう。

正常にアクセスできれば、Lightsailの構築は完了です。

awsがベストの選択とは限らない!

awsのサービスを使えば、個人でも簡単にクラウドサービスの運用が可能です。しかし、個人の運用のことを考えると、awsがベストの選択とは限りません。awsは、個人運用には過剰ともいえる充実ぶりです。そのため、機能を持て余し、余分なコストがかかってしまうことも考えられます。

したがって、個人でクラウドサービスを運用するなら、自分の求める機能とコストを比べて、無理なく運用できるようにしましょう。